はり師・きゅう師試験




iryou...5




東洋医学のひとつとして、『はり』や、『きゅう』があります。



よく鍼灸師(しんきゅうし)ということばを聞きますが、
国家資格としては、『はり師』『きゅう師』と、別々の試験を行っています。



『はり師』は、東洋医学の治療として、『鍼(はり)』を、
患者さんの身体に打って治療ができる人であり、
『きゅう師』が、お灸をすえることができる人なのです。



どちらも、厚生労働省から認められた養成機関を、
卒業または卒業見込みの者が、受験可能となっています。



養成機関では、『鍼灸学科』として掲げているところが、
ほとんどなので、両方の国家試験を受けるのが普通です。



試験は2月に行われ、はり師試験ときゅう師試験では、
共通部分についてはどちらかだけを受験した上で、
それぞれの試験を受けることになるので、
1日で、両方の試験を受けることになります。



受験資格を得るための養成機関は、3年のところがほとんどです。
夜間部を持っている養成機関が多いのも、特徴のひとつです。



今、鍼灸は、



・セルフメディケーションとして
・スポーツトレーナーのメンテのひとつとして
・西洋医学とは違うアプローチとして



という具合に、様々な側面から注目されています。
(エステの世界でも、『美容鍼灸』というものがあるそうです)



そのため養成機関では、定年退職された方や、
既に、医師や看護師など医療職としての資格をお持ちの方など
様々な年齢の人が受講されているそうです。



他の医療系資格は、ある程度年齢を意識する必要があると思いますが、
先に述べたように、鍼灸には、”セルフメディケーション”という側面があります。



年齢に関係なく、チャレンジする価値のある資格かもしれません。






This entry was posted in 未分類 and tagged , . Bookmark the permalink.

コメントを残す